棚ブログ

置き場

無罪リラクゼーション!!ライバルはマッサージ師でなく映画や美容院

リラクゼーションも違法?

マッサージ師や鍼灸師は、「リラクゼーション」や「ボディケア」はマッサージ師の資格を持っていないので違法だと言いますが、それは本当なんでしょうか?
資格者がそれぞれの思惑でバラバラの解釈をしているので、一般の方には非常に分かりにくい状況ですよね。
柔道整復師という国家資格を持っているけど接骨院ではなく「リラクゼーション業」で開業した(保険は一切使わない)私の見解を示します。

f:id:akinari0611:20160809163021j:plain

解釈が分かれるが、基本的なこと

  1. あん摩マッサージ指圧師」は国家資格なので法律がありますが、
    その法律には「按摩・マッサージ・指圧とは、各々どういう手技を指す」という定義が書かれていない。
    また、「どういう目的で行われ、どんな効果が期待できる」ということも法律には書かれていない。
    つまり、「按摩・マッサージ・指圧」の教科書には技術や理論が当然あるだろうけど、法律に「揉んだり押したりすることで治療効果がある」と書かれているわけではない。
  2. 柔道整復師」は国家資格で、保険の対象範囲と不正請求について批判もされていますが、
    それとは別に「柔道整復術」という技術体系の中には、「脱臼を元に戻す、包帯で固定する」という技術だけでなく、「後療法」という「回復を早めるために行う技術」も含まれていて、後療法の中には「手技療法」が含まれている。
    これは柔道整復師が勝手に言っていることではなく、柔道整復師もまた国家資格であり、教科書の内容である。この事は整形外科医ですら知らないことが多い。
  3. あん摩マッサージ指圧師」「鍼灸師」「柔道整復師」は、「国家資格を持った医業類似行為」と法的に認められている。
    これらの国家資格では解剖学や病理学等の「人の体に影響を及ぼすにあたって最低限の医学的知識」が必修である。
    一方、「整体師」や「カイロプラクティック」はどちらにしても日本国内では「民間資格」で、実は学校に行かなくても誰でも名乗ることができる。勉強している人もいるだろうけども、「人の体に影響を及ぼすにあたって最低限の医学的知識」は必修ではない。
  4. 整体師・カイロプラクティック・温熱・電気・気功療法…これらは「法的制度の無い医業類似行為」に分類されるけど、
    これらを職業にすれば「即、違法」というわけではないようです。
    過去の最高裁判所の判決の中で、
    「医業類似行為は、人の健康に害を及ぼす恐れのある施術でなければ禁止の対象にならない」
    という解釈が出ています。
  5. 総務省による日本標準産業分類では、
    「リラクゼーション業(手技を用いるもの)」は、大分類の【生活関連サービス業,娯楽業】の中にある。定義は「手技を用いて心身の緊張を弛緩させるための施術を行う」
    一方「あん摩マッサージ指圧師」は大分類の【医療,福祉】の中にある。鍼灸師柔道整復師と同じところに小分類され、「医業類似行為を業として行う」という定義だと分かる。 続きを読む

依存気味の「患者」が自分から去り病院に行くと「ほっと」するという話

f:id:akinari0611:20160528091132j:plain

代替療法的な仕事をしている私は
「患者」が自分のところに来なくなって
ちゃんとした医師の「病院」に行くことになると、
儲けは減るけど内心ちょっと安心するという話を書きます。

前略、自由診療専門で「手技療法」をやっている柔道整復師です。
マッサージ師がうるさいので先に言っておきますが、
私の施術には東洋思想も経絡も使っていません。
国家資格・柔道整復師の教科書でも学ぶ「手技療法」です。

柔道整復師の手技療法は国家資格者の養成学校で学ぶもの | ほぐしや掌 tanagokoro

マッサージと手技療法の違い | ほぐしや掌 tanagokoro

【接骨院の不正請求】と【整体・カイロの危険度】 | ほぐしや掌 tanagokoro

患者・消費者のための各種手技療法の選び方まとめ | ほぐしや掌 tanagokoro

代替療法屋は「患者」に無理を“言われ”がち

わかりやすくするために「患者」と書いてはいますが、
私は自分のお客様へは

  • 私は「治療」はしていない。
  • 「治します」という約束はできない。
  • 基本的には「リラクゼーション屋」です。
  • ただ、一応医療系の国家資格者ではある。
  • 実は民間資格の「整体師」よりは怪しくないはず。
  • 売り物は「気持ち良さ」であって「治療効果」ではない。
  • ただ、筋肉ほぐしやストレッチで楽になる「痛み」が無いわけではない。
  • 私は「反医療」ではないので、痛みが強ければ薬は飲んでも良いし、
    病院へ行った方が良い症状だと思ったら無理もしない。
  • 一番良いのは、先ず病院に行き、
    レントゲンや診断で「特に異常はない。疲労や加齢」
    などと言われるようだったら、こういうところに来るもよし。

↑と、伝えています。
本当は本業は、「肉体のメンテナンス」や「健康維持や予防」や、「疲労回復」や「リラクゼーション」、の手助けだと思っていますが、
お客様の中には、

病院には行ってないが、「痛み」を「治して」ほしい。とか、
病院に行ったけど納得いかない。

・・・・・・という方もいらっしゃいます。

tanagokoro.pupu.jp

続きを読む